ウイチョル族の話すウイチョル語。

ド素人なりに思うのが、濁点の音が少ない気がします。

そのせいなのか、威圧感があまりなく、なんだか心地よく聞こえます。

ウィキペディアによると、ウイチョル族の言語は、ユト・アステカ語族というものに分類されるらしいです。

 

ユト・アステカ語族 (Uto-Aztecan、ウト・アステカ語族とも)とは、アメリカ先住民語族アメリカ・インディアン諸語)のひとつである。アメリカ大陸で最大かつもっとも明確な言語集団のひとつとされる。 ユト・アステカ語族は、アメリカ西部にあたる「大盆地Great Basin)」地方、すなわち、オレゴン州アイダホ州モンタナ州ユタ州カリフォルニア州ネバダ州アリゾナ州から メキシコ西部および中部、南部の一部、すなわちソノラ州チワワ州ナヤリット州ドゥランゴ州ハリスコ州ミチョアカン州ゲレロ州サン・ルイス・ポトシ州イダルゴ州プエブラ州ベラクルス州モレーロス州メキシコ州、さらには中央アメリカの一部(エルサルバドルピピル族や滅亡してしまったが、グアテマラホンジュラスなど)に見出すことができる。

 

専門的な事は、言語学などを研究されてるの専門家にお任せということで、自分はウイチョル語の初級レッスン動画見つけました。

初歩的な会話をウイチョル族の方に質問して、発音してもらっています。

 

 

先にスペイン語をマスターしないと、この動画を理解できないということになりますが、スペイン語初心者の私でもなんとか付いていけるレベルなので、何度も見返したら、ウイチョル語を少し覚えられそうです。

例えば、

私の名前はcoRaです。→ ネ ネ ティ テ ワ coRa. 

いくらですか? → ケレエ アレ?

この二つを覚えていたら、次回の仕入れの時に使えそう。

まぁ、ウイチョル語の前に、スペイン語もっと勉強したらと周りから言われてますけどね。

 

 

出典元:ウィキペディア「ユト・アステカ語族」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%AB%E8%AA%9E%E6%97%8F