雨上がりはすっきりと晴れ渡り、暑さが増すメキシコです。

初めてのメキシコの夏。

今までで一番熱い夏を迎えそうです。

 

メキシコの夏に負けない位、ウイチョル族に対する熱い思いは、ウイチョル族を知る度に高まりますが、今日はウイチョル族の神聖な数字「5」に関連した場所についてのお話です。

 

以前に紹介させて頂いたウイチョル族のOjo de Dios (オホ・デ・ディオス)にも登場した神聖な数字5。

→ メキシコ ウイチョル族について : Ojo de Dios(神の目)

 

また、先日紹介したウイチョル族の映画「Huicholes : The Last Guardians of Peyote」の中でも、ウイチョル族の方が「5という数字はウイチョル族にとって、とても大事な数字なんだ」と語っておられました。

→ ウイチョル族の映画「Huicholes : The Last Guardians of Peyote」

 

そしてウイチョル族の洪水の神話でも、5という数字がたくさん出てきました。

→ メキシコ ウイチョル族の神話 : 洪水

 

数字の「5」ですが、ウイチョル族の信仰・文化に深く根付いている神聖な数字です。

ウイチョル族の聖地は、サン・ルイス・ポトシ州にあるWirikutaウィリクタですが、この聖地を含めウイチョル族にとって、とても重要な場所が5か所あります。

 

  • 東 : Wirikuta  (サン・ルイス・ポトシ州 Real de Catorse)
  • 西 : Tatéi Haramara (ナヤリット州 San Blas )
  • 南 : Xapawiyemeta (ハリスコ州 Chapala湖のIsla de los Alacranes)
  • 北 : Huaxa Manaká  (デュランゴ州 Cerro Gordo )
  • 中心 : Tee’kata  (ナヤリット州とハリスコ州の間のSanta Catarina)

 

地図で見るウイチョル族の聖域。

 

先日紹介した洪水の神話の中で、ウイチョル族の青年と大地の神が乗った木製の箱が、東西南北すべての方向に流されますが、その漂流した東西南北の場所がこれらの聖地4カ所で、最後に流れ着いた場所が中心のTee’kataとなります。

ウイチョル族の巡礼の旅は、Wirikutaだけに限らず、他の4カ所にも同じように訪れます。

ウイチョル族の主な居住地域は、ナヤリット州、ハリスコ州、デュランゴ州、サカテカス州にまたがる山岳地帯ですが、この地図を見ると、ウイチョル族の方々がこの聖地で囲われた地域の中に住んでいることが想像されます。

また、ウイチョル族は、5つの色も重要視していて、その5色がこの5つの方向とも関連しているそうです。

 

  • 東:黄色(taxawime)
  • 西:紫(ta+lawime)
  • 南:青(yuawime)
  • 北:白(tuxame)
  • 中心:多色(tsayule)

 

神聖な数字「5」。

好きな数字の一つになりました。

 

この5か所の聖地の意味するところは、また次回に。

 

 

記事参照出典元:The sacred geography of Mexico’s Huichol Indians

The sacred geography of Mexico’s Huichol Indians