今日は、ウイチョル族の新作の中から、刺繍の入ったスカーフを紹介です。

 

ウイチョル族の服飾文化は、他国の先住民族に負けない位、素晴らしいと思っています。

ビーズアートや毛糸絵画がウイチョル族の代名詞のようになっているので、手刺繍の注目度が少し異なりますが、私が個人的に一番注目している分野です。

 

一針一針紡がれる手刺繍は、ビーズアートや毛糸絵画同様に、時間をかけて作られた芸術品です。

 

刺繍が施されたスカーフは、光沢のある糸が使用されているので、角度によって光の集め具合が異なり、優しくキラキラと光ります。

 

鳥とペヨーテが描かれたウイチョル族の手刺繍。

 

また、シンプルな白地の生地に手刺繍が施されているので、刺繍の美しさが映え、両サイドにあるフリンジが柔らかい雰囲気を演出してくれます。

ウイチョル族の方がスカーフとして作成したとのことでしたので、スカーフとして紹介しておりますが、大判のため、テーブルセンターやタペストリーとしても活躍してくれます。

 

テーブルセンターやタペストり―としても活躍するウイチョル族の手刺繍スカーフ。

 

描かれているのは、鳥とペヨーテ。

→ メキシコ ウイチョル族のシンボル : 鳥

→ メキシコ ウイチョル族について : ペヨーテ

 

 

手作りの温かみと一点物の価値を存分に楽しんで頂ける作品です。

 

 

 

詳しくは、メキシコ民芸雑貨:coRa オンラインストアで。