ウイチョル族の皆さんによる、宗教ダンス見てきました。

 

本物の宗教儀式ではなく、テピック市の中央広場で催されていた、ウイチョル族の皆さんによるダンスパフォーマンスでしたが、初めて生でみるウイチョルダンス。

 

超ワクワクどきどきの瞬間。

 

撮影OKだったので、カメラを片手にあっち行ったり、こっちに行ったり。

 

まず、女性と男性がそれぞれ2列に並んでスタートし、ウイチョル族の伝統音楽に合わせて、ステップを踏みながら前に進んだり、位置を変えながら回ったり。

 

ウイチョル族のダンスパフォーマンスその1。

 

写真下の一番左端の人がシャーマンリーダーのようで、シャーマンの道具ムビエリを片手に、ウイチョル族の方一人ひとりの頭上をクルクルくるくる。

 

ウイチョル族のダンスパフォーマンスその3。

 

ウイチョル族音楽隊。

 

ウイチョル族のダンスパフォーマンスの音楽部隊。

 

男性側に回り込み、激写。

ウイチョル族のダンスパフォーマンス男性サイド。

 

ウイチョルダンスにも感動ですが、こんなに沢山の民族衣装を一度に見たのは初めてだったので、鳥肌&涙目。

 

ウイチョル族の民族衣装の刺繍も釘づけですが、小物にも大注目。

 

帽子、ベルト、バッグなど、一つとして同じものはなく、これぞまさしく一点物の宝箱ですね。

 

ウイチョル族の民族衣装は、女性よりも男性の方が色鮮やかで細やかな刺繍がされているのが特徴なのですが、男性サイドの方がやはり見応えありです。

 

ウイチョル族のダンスパフォーマンス男性側その2。

 

ウイチョルダンスの最後は、またシャーマンリーダーによる頭上クルクル。

 

ウイチョルダンスの最後は、シャーマンが締めます。

 

近くにいた子供たちにガン見されてましたけど、とても興味深いひと時でした。