もうすぐハロウィーンですね。

メキシコでは、11月1日と2日に「死者の日」という、日本でいうお盆みたいな行事が行われます。

お店でも沢山の死者の日用グッズが売られているのですが、「何これ、ハロウィーン用?」などと言おうものなら、「違うよ!死者の日用だよ!!」と総ツッコミを受けます。

アメリカに居た頃のハロウィーンのカボチャのオレンジと、メキシコの死者の日のマリーゴールドのオレンジがどうしても重なってしまう・・・。

 

「死者の日:El dia de muertos 」は、ご先祖があの世から戻ってきて、共に祝い、そして満足してまた戻っていくという行事で、とても明るい雰囲気のお祭りです。

お墓参りはピクニックのような感じで、バーベキューをしたり、爆音とともに音楽をかけたり、生演奏なども見受けられ、それぞれのご先祖様と楽しい時間を過ごします。

 

使者の日のお墓の様子。

 

メキシコ全土が死者の日をお祝いする中、ウイチョル族の皆さんはどうしてるかというと、実は死者の日をお祝いしないそうです。

「何で??」って感じですよね。

 

ウイチョル族の方達が死者の日をお祝いしないのは、彼らの信仰に基づいています。

ウイチョル族の死に対する概念は、古代のアステカ人に似ていて、死は「魂の浄化」を象徴しており、誰かが死んだ時、その魂には厳しい試練が待ち受けていると考えています。

死の瞬間に魂は体から離れ、綿、煙、風などの形に変わり、死者の頭の上に留まり、その後5つの浄化レベルを通過し、冥界に辿り着くと考えていて、彼らの魂が無事に冥界に移行出来るよう、宗教儀式を行うそうです。

また、死人の体は神聖ではありますが、宗教儀式の中では不純なものとみなし、いかなる場合も接触を持つことは禁じられているそうです。

 

一度浄化儀式を経て、冥界に送られた魂がこの世に戻ってくるという考えは、彼らの信仰にはないそうです。

 

なので、ウイチョル族は、魂があの世から戻ってくる「死者の日:El dia de muertos 」を祝わないということです。

 

そうすると、ウイチョル族の人達は、死者との関係を一切もたないのかというと、そうではないみたいです。

ウイチョル族は、「ririkis : リリキス」と呼ばれる小さい建物を建て、そこを礼拝することにより、死者との繋がりを保ちます。

また、ウイチョル族は彼らの神を「先祖」と呼ぶことがあります。

神との交流、神秘的な経験を通して「先祖」と暮らすことが出来、彼らの世界と親密な関係を確立することが出来ると考えているそうです。

 

 

記事参照元:La muerte en la mitología huichol

https://www.gob.mx/cultura/prensa/la-muerte-en-la-mitologia-huichol