このウイチョル族に伝わる話は、Watacameというウイチョル族の青年と雨の女神 Takutzi Nakawe の巡礼の旅、そして生命の誕生と繁栄を描いた神話です。

 


 

遠い昔、太陽が存在せず、世界は漆黒の闇に支配されていました。ある日、ウイチョル族の青年 Watacame が、彼の相棒の黒い犬 Tziku Mayuwiと作業をしていると、雨の女神 Nakawe が現れ、こう問いかけます。「この世の中は本当はもっと素晴らしい世界で、お前にはこの闇の世界を変える能力があるからやってみないか」と。Watacame がいつでも準備はできていると返答すると、雨の女神 Nakawe は5日間の嵐に耐えられる木製の筏を作ることを彼に薦め、5日後にまた会うことを約束し、天空に戻っていきます。

Watacame は雨の女神 Nakaweに言われた通りに筏を作り、相棒の犬 Tziku Mayuwi を連れて、嵐の海へ旅立ちます。渦巻く嵐の中で、この豪雨は本当に終わるのだろうか?思われるほど雨は強さを増し、そしてどこまでも海が続いていました。Watacameは、雲に向かい祈り、5日間耐え抜きます。そして、5日目に嵐が突然止み、空を見上げると、雲から雨の女神 Nakawe が現れました。女神が海を杖で5回叩くと、海は陸に変身したのです。

更に雨の神 Nakawe は、この世を形成する為に必要な神々達を自分自身から解き放ちます。Watacamae と神々達は、雨の神 Nakawe に導かれ、ウイチョル族の人々の為の神聖な場所を見つけるための巡礼の旅を始めました。闇の中を歩き続けていると、原野の暗闇から歌声が聞こえてきます。Tamatzika Kuyumare と名乗る青い鹿は、その歌声は神聖な場所から発せられ、そこは自分の故郷であると告げ、Watacame 達を蛇のように曲がりくねった川の向こうに導くと提案しました。Waiwerieと呼ばれる川に到着すると、Blue Deer Kuyumare は、神の一人に川の反対側に矢を放つように促します。矢が届いた場所には光りが満ち始め、 Wirikutaという神聖な場所が姿を現しました。神々達は山、岩、川、洞窟などに形を変え、ウイチョル族の神聖な場所を作り上げてきます。ですが、この Wirikuta ですべての生物が成長し、繁栄していくために必要なもの、「光」の源を発見しなければいけないことを神々達は確認しあいます。

更に続く旅の途中で、彼らは火の神 Tatutzi Uxainuriに遭遇します。 Watacameは「あなたが私たちの探している光ですか?」と尋ねました。火の神 Tatutzi Uxainuri は、強烈な明るさにもかかわらず、決して世界中を照らすことはできないと否定し、太陽の誕生に必要な左利きの子供を探すようにとWatacame 達に命じます。

そして遂にWatacame 達は、うっすらとした光を放つ左利きの少年を見つけました。しかし、ある神々達は、この不思議に輝く左利きの子供が、世界を照らす光の源とは信じることが出来ません。ですが、フクロウの神は、この子供の能力を見極め、この少年こそが光の源であると主張します。

Wakacame 達はその少年を火の神 Tatutzi Uxainuriに連れ行きました。そして火の神に導かれるまま、左利きの子供は、東西南北の4つのポイントを通りながら、火の神の周りを踊りはじめます。そして、少年は火の神の中にゆっくりと入って行き、遂には二人とも消えてしまったのです。この少年のことを信じなかった神たちは、すべての光を消滅させるトリックだと主張し、Watacama達を責めます。ですが、次の瞬間です。Quemado と呼ばれる山の後ろから、突如太陽が姿を現し、少年を疑った神々は、日の出の瞬間に石になってしまいました。

フクロウの神は、太陽を「Tau」と名付けます。太陽は光を与え、美しい世界が作り上げられていきます。フクロウの神は、Watacame にこの世界を守るように告げ、また雨の神 Nakawe は、この長い旅路の話を子孫に語り継いでいくことを託します。Watacame もまた、二人との約束を守っていくことを誓いました。

 

そして、旅が始まる以前から彼の相棒だった黒い犬 Tziku Mayuwi は、女性に姿を変え、Watacameと共にウイチョル族の世界を繁栄させていきました。

 


 

動画も良ければご覧ください。

ウイチョル族の独特の世界観が、素敵な映像で描かれています。

 

 

最初の筏で嵐の海を彷徨い、陸が誕生する辺りまでは、以前に紹介したウイチョル族の神話「洪水」の物語と一緒ですが、そこから更に話が展開し、太陽が生まれ、生命が誕生し、ウイチョル族の世界の始まりが描かれています。

→ メキシコ ウイチョル族の神話 : 洪水

 

ウイチョル族の方達の信仰のエッセンスがいっぱい詰まっている、素敵な神話です。

 

 

 

画像と記事引用元:Takutzi Nakawe

https://www.facebook.com/takutzi/