先日はウイチョル族と NFLアメリカンフットボールがコラボしたウイチョルヘルメットとウイチョルフットボールを紹介したのですが、今日はMotoGP版ウイチョルヘルメットを発見です!

→ ウイチョル族とアメリカンフットボール

 

実を言うと、MotoGPと聞いてもあまりピンと来ないのですが、MotoGPに Valentino Rossiというイタリア人レーサーがいるそうです。

この方、今まで9回もタイトルを獲得しているということで、MotoGP 業界では有名な方だと思われます。

このレーサー Valentino Rossi 氏が、マレーシアで行った非公式練習にウイチョル族のビーズアートがデザインされたヘルメットを着用し、話題となりました。

Rossi 氏が、月や太陽、カメなど沢山のシンボルが、ウイチョル族の芸術作品に描かれていることに興味を持っていたことがきっかけで、このウイチョルヘルメットが製作されたそうです。

 

Valentino Rossi氏とウイチョルヘルメット
Photo By excelsior

 

このウイチョルヘルメットは、長年 Rossi 氏のヘルメットデザインを担当してきたAldo Drudi 氏によってデザインされています。

太陽と月、ペヨーテ、カメや蛇なども描かれており、ウイチョル族の伝統的なシンボルを尊重したデザインとなっています。

よく見るとウイチョル族の方がビーズアートに使用するビーズよりも、大きめなビーズを用いているようですね。

 

 

Valentino Rossi氏が非公式練習で使用したウイチョルヘルメット。
Photo By excelsior

 

個人的にはやぱっり、ウイチョル族の方にデザインして欲しかったなぁ。

 

前回の NFL ファン感謝祭に登場したウイチョルヘルメットとウイチョルボールは展示用だったのですが、今回のヘルメットは Rossi 氏が練習中に実際に使用したということで、ちょっと新鮮です。

レース会場を疾走するMotoGP版ウイチョルヘルメット。

何だか不思議な感じもしますが、動くウイチョル族の芸術作品もみてみたいですね。

 

ウイチョル族に関する出来事を見つけると、それまで知らなかった世界などもちょっと調べる機会が増えるのですが、今回のMotoGPもその一つです。

 

いろんな世界に登場するウイチョル族の作品達を見つけたら、また紹介させて頂きますね。

 

 

 

記事参照と画像出典元:Arte huichol, con presencia en la Moto GP

http://www.excelsior.com.mx/adrenalina/2017/11/27/1203962#imagen-5