ウイチョル族の作品に込めらているシンボルの意味を紹介していますが、今日は「カメ」を紹介します。

→ ウイチョル族のシンボル

 

個人的に動物は一般的に苦手なのですが、その中でも「ゾウ」と「カメ」だけは例外で、好きな動物達です。

どちらもゆったりと動く姿が、何とも言えず癒されてしまいます。

のんびり屋に見える「カメ」ですが、ウイチョル族のシンボルの中では、とても重要な任務を任されているんです。

 

以前に紹介したウイチョル族の神話「洪水」の物語にも出てきた、雨の女神 Nacahue(またはNakawe)。

→ メキシコ ウイチョル族の神話 : 洪水

 

カメはこの雨の女神 Nacahue に仕える者、助手として崇められている動物です。

そのカメはウイチョル族の信仰の中で、地下の泉と全ての水源の純度を保ち、水量を常に豊富にする役割を果たすと考えられているそうです。

 

メキシコウイチョル族の作品ビーズアート「カメ」

 

ウイチョル族の作品の中に、カメを見つけたら、それは水に関する物語が秘められている事と思います。

 

シンボルの意味を知ることは、ウイチョル族の作品をより一層楽しませてくれますね。

 

また、次回違うシンボルを紹介したいと思います。

 

 

ビーズアートのカメの詳細は、メキシコ民芸雑貨:coRa|オンラインストアで。