ウィキペディアで調べてみたら、ナヤリット州テピック市は標高930メートルもあるそうです。

年末年始に引っ越しをしたのですが、以前に住んでいた所から3時間位しか離れていないのに、とても寒く感じるので何故かなと思っていたのですが、標高の差が気温の差に表れているのではないかと思います。

ちなみに以前に住んでた場所もググってみたら、標高7メートル。

そう考えると930メートルって結構高い所に住んでいるんだなと、ちょっとびっくりしてます。

 

標高930メートルのテピック市の朝晩は冷え込みますが、日中は太陽の国メキシコ。

直射日光の陽射しはやっぱり強いです。

そんなメキシコの太陽を思わせるようなウイチョル族のビーズピアスの紹介です。

 

ウイチョル族の太陽モチーフピアス。

 

真っ赤に燃えさかる太陽のように、発色のいい赤のビーズが印象的です。

中心部分には黄色とオレンジのビーズが使用されていますが、グラデーションになっているので違和感なく、赤のビーズとの一体感を持たせています。

 

赤と黒のコントラストが印象的なウイチョル族のビーズピアス。

 

また、外枠は黒のビーズで囲まれており、ほどよいコントラストを作り上げています。

 

ウイチョル族のシンボルで、太陽は「パワー」を意味しますので、身に着けていると元気が沸いてくるようなビーズピアスです。

→ メキシコ ウイチョル族のシンボル : 太陽

 

 

 

ピアスの詳細は、メキシコ民芸雑貨:|オンラインストアで。