本日は、ウイチョル族のシンボルの中から、「鹿」を紹介します。

鹿は、ウイチョル語では「Kayumari : カユマリ」と呼ばれ、ウイチョル族にとってなくてはならないシンボルです。

 

「メキシコ民芸雑貨 : coRa」で取り扱っている商品にも、鹿のシンボルを見つけることが出来ます。

以前にもご紹介した鹿とペヨーテのピアス。(上記写真の商品です)

→ メキシコ ウイチョル族 ビーズピアス : 商品の紹介

 

 

またシンボルのサソリを紹介したビーズアートの魚のおでこの所にも鹿が。

→ メキシコ ウイチョル族のシンボル : サソリ

 

ウイチョル族の作品。魚をかたどったビーズアートです。

 

ペヨーテについての神話を紹介した際にも、鹿はウイチョル族の若者たちを聖地Wirikuta(ウィリクタ)に導く存在として登場します。 

→ メキシコ ウイチョル族について : ペヨーテ

 

鹿は「スピリチュアル・ガイド」の象徴であり、「神からの使者」として精神世界へ導く存在、また知識を与える存在として、ウイチョル族に崇められています。

また、鹿の狩りは宗教儀式の一環として行われ、純粋なウイチョル族だけが参加を許されるそうです。

鹿の血は豊作を願い、Tah Tay Mahjrahleeと呼ばれる鹿の神に捧げられます。

ウイチョル族のシャーマニズムにおいて、鹿はとても重要な動物となっており、作品に反映されているのですね。

 

ウイチョル族の使用する他のシンボルもそうですが、そのシンボルが何を意味するのか、分った上で作品を見ると、一味も二味も違って見えとても面白くなります。

 

 

次の機会には別のウイチョル族のシンボルを紹介しますね。

 

 

※余談ですが、ウイチョル族の作品に登場する鹿を見るたびに、映画「もののけ姫」に出てくるでっかい鹿を思い出します。