最近のブログで、2度ほど取り上げておりましたウイチョルベルトが絡んだボクシングの試合。

このシリーズも今日が最後となりまして、ウイチョルベルトの結果報告です。

→ メキシコ ボクシング Canelo v Chavez Jr.

→ メキシコ ボクシング Canelo v Chavez Jr. 続き

 

ウイチョルベルトを何とか見ようと、満員御礼の会場が映し出されたテレビの前で、スマホ片手に観戦しました。

 

最終ラウンドまでいった試合でしたが、ウイチョルベルトの受け取り拒否宣言をしていたCaneloさんが、終始優勢で判定勝ち。

そして、少しでもテレビで見れたらと思っていたウイチョルベルトですが、全くテレビに映りませんでした・・・。

 

でも、勝者Caneloさんが入場時に着用していたポンチョ。

実はこのポンチョの後ろがすごいんです。

写真が無くて申し訳ないのですが、このポンチョの後ろ、拳を高く上げたボクサーが描かれているのですが、ウイチョル族のアート風になってるんです。

 

ウイチョルベルトは拒否だけど、背中で示したウイチョル族との繋がり。

 

次回9月15日、メキシコの独立記念日に行われる試合は、Canelo v Golovkinのカードが遂に実現するそうで、ボクシングファンには、待望の試合だと思われます。Golovkinさんも試合を見に会場にいたようで、Caneloさんの呼びかけでリングに上がってきてました。

WBCがまたウイチョルベルトを作成するかはわかりませんが、このベルトのおかげで少しだけメキシコのボクサーや、毎年恒例のボクシングの試合のことなどわかり、楽しみがまた一つ増えました。