ウイチョル族の使用するシンボルから、本日は「鳥」についてのお話です。

数あるシンボルの中でも、重要なシンボルの一つとして大事にされている鳥ですが、その意味は、「自由」です。

 

他にも、「神のメッセンジャー、または神からのメッセージを受け取るコミュニケーションチャネル」としての意味も持っているそうです。

ウイチョル族の目には、自由に天高く舞い上がる様子がまるで、天空にいる神へ向かって飛んでいるようにみえたのでしょうか。

また、空から舞い降りてくる姿が、神からのメッセージを携えているようにもみえるのでしょう。

とても納得のいく意味合いですね。

 

ウイチョル族の使用するシンボルの一つ、鳥。

 

以前にご紹介した、ウイチョル族のシャーマンについてブログの中で、彼らが使用する道具 Muvieri (ムビエリ)には、鷹または鷲の羽が使用されていました。

→ メキシコ ウイチョル族について : シャーマン

 

鷲や鷹は天高く舞い上がり、空から全てを見聞き出来ることから、勇気とそして知恵を授けてくれる存在であり、同時に、邪悪なスピリッツから守ってくれるとも信じられています。

 

自然界に存在するものに意味を込めるウイチョル族の信仰。

とても興味深く、もっといろんなシンボルの意味を知りたくなりますね。

 

次回また違うシンボルを紹介します。