先日ブログに書いたウイチョル石鹸。

断水のため、断念していたペヨーテ石鹸の検証ですが、ようやく使用感レポートさせて頂きます!

→ メキシコ ウイチョル族 ペヨーテ石鹸

 

まず、ウイチョル石鹸の泡立ちから。

泡立ちは、そんなに悪くなく、普通の石鹸並み。

使用前は、さっぱりハーブ系の香りのペヨーテ石鹸。

使用中は、そんなに香りはせず。

洗い上がりは、「しっとり系」というよりも「さっぱり系」。

何かこれといったペヨーテの力を感じることなく、普通に終了。

これだけかと、ちょっと期待外れ。

 

でも!

このペヨーテ石鹸!

威力を発揮したのは、洗い流して、お風呂から出た後!

その日は、ちょっと遠出をしたので肩こりと、メキシコの強い日差しのせいか少し頭痛が。

でもお風呂上り、気づくとその肩こりと頭痛がどこかへ!!

 

熱いお湯でシャワーを浴びたのなら、血行が良くなったのかと思ったかもしれないけど、最近は暑さ軽減のため、でも心臓発作は起こさないよう、水に近い超ぬるま湯を使用しているので、シャワーの温度のせいではないなと。

 

そして、晩酌のおかげでもない。

なぜなら、その日は、選挙の投票日で、投票日の前日と当日は何故かアルコール類の販売が禁止されているメキシコで、ビールの購入できず。

近所の酒屋は軒並み閉店。

スーパーマーケットに行ってみるも、立ち入り禁止の事故現場のように黄色のテープがお酒コーナーに貼りめぐらされており、購入不可能。

買い置きのビールは、前日すでに制覇。

なので、晩酌の影響ではない。

 

なのに、このリラクゼーション効果。

リラックス100%。

ラベルに書かれていたように、ストレス軽減と筋肉の緊張を緩和を身をもって体験!

 

ウイチョル石鹸。

素晴らしい。

 

でも、ペヨーテ石鹸の威力はこれだけでない。

実は、断水中に何かレポートできないかと、ペヨーテ石鹸、ちょっとだけなめてみた。

舌にチョンと付けただけ。

味は、たぶん普通の石鹸のような味。

何の変哲もなし。

そう思った約5分後位に、舌がピリピリし始める。

舌の感覚がなんか麻痺したような感じ。

身の危険を感じる時間がゆっくり流れること、約30分。

命に別状はないものの、ペヨーテ石鹸は口にしたらいけないことも検証済。

 

この聖なるサボテン、ペヨーテを食すというウイチョル族。

先祖代々食してきたウイチョル族との免疫力の違いか。

プラス+、ウイチョル族の細胞に埋め込まれたDNAのせいなのか。

 

ウイチョル族とペヨーテ。

実に奥が深い。

 

ペヨーテ入りのウイチョル族の石鹸。